プレスリリース

【2024年5月K Village韓国アンケート調査】韓国に興味を持ったきっかけ等についての調査

【2024年5月K Village韓国アンケート調査】韓国に興味を持ったきっかけ等についての調査

株式会社K Village (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 元就)は、K Villageの各メディア・サービス利用者を対象に、「韓国に興味を持ったきっかけ等について」の調査結果を発表いたします。

アンケート:韓国に興味を持ったきっかけ等について

調査期間2024年5月6日(月)~5月13日(月)
調査機関K Village 各種メディア「K Village MODULY」 (自社調査)
調査対象韓国、K-POPや韓国ドラマが好きな男女
有効回答数153
調査方法インターネット調査

<記事等でのご利用にあたって>
調査結果を引用する際には、引用元として「K Village 韓国アンケート調査-調べ」と記載ください。

韓国に興味を持ったきっかけ等についての調査

日本国内における韓国ブームが続く中、多くの人々が韓国文化や観光地、食べ物などに魅了され、韓国を好きになる人が増加しています。

一方で、その背後には様々な理由やきっかけが存在します。今回、我々は韓国を好きになったきっかけを探るため、調査を行いました。

質問リストは以下の通りです。

質問① 韓国を好きになったきっかけはなんですか?
質問② 現在1番興味のあるものはなんですか?
質問③ 現在、韓国語は勉強していますか?

それでは、『韓国を好きになったきっかけ』の調査結果を発表いたします。

質問① 韓国を好きになったきっかけはなんですか?

韓国を好きになったきっかけの主な要因が韓国ドラマとK-POPであることが明らかになりました。

1位は44.4%の【韓国ドラマ】、2位は40.5%で【K-POP】でした。

大部分が韓国ドラマやK-POPによって韓国文化に興味を持ったことが分かります。この結果は、韓国のエンターテインメントが韓国好きになる強力な影響力を持っていることを示しています。

韓国ドラマは、感動的なストーリー、魅力的なキャラクター、美しい映像などが特徴であり、多くの人々がその魅力に引き込まれています。

一方、K-POPは、洗練されたパフォーマンスや中毒性のある曲、メンバーとの親近感などがファンを惹きつけています。これらの要素が、日本国内で韓国に対する関心や好奇心を高める役割を果たしていると言えるでしょう。

また、【韓国語】や【韓国旅行】という要因は少ないですが、それでも4.6%の回答者がこれらの要因をきっかけに韓国を好きになったと述べています。

これは、韓国の言語や文化を学びたいという意欲や、魅力的な韓国の観光地を訪れることで文化的な体験を得たいという人々も一定数存在することを示しています。

質問② 現在1番興味のあるものはなんですか?

質問①に続き、現在の興味、関心があるものへの回答ではK-POPの人気が依然として高いことが明らかになり43.8%の回答者がK-POPに興味を持っていると回答し、質問①と同様に高い結果となりました。

一方で、韓国語学習や韓国旅行に対する関心も増加しています。

16.3%の回答者が韓国語に興味を持っており、17%が韓国旅行に興味を持っていることがわかりました。韓国ドラマやK-POPに興味を持った層が韓国の文化や言語に対する関心が拡大していることを示しています。

これらの結果をみて韓国に対する興味が多様化していることがわかりました。

K-POPだけでなく、韓国語や韓国の観光地にも関心を寄せる人々が増えてきていて、この多様化は、韓国が持つ豊かな文化や魅力が、さまざまな形で日本国内で受け入れられつつあると言えるでしょう。

質問③ 現在、韓国語は勉強していますか?

韓国のエンターテイメントに興味を持ってから韓国語を学習する人が一定数存在していることがわかりました。さらに、その興味を持った人々の96.7%が、現在韓国語を勉強していることが分かりました

これは、韓国のエンターテイメント(主に韓国ドラマK-POP)に触れることで、興味を持った人々がその文化に深く関わりたいと考え、韓国語学習に取り組んでいる可能性が高いといえます。

韓国語を学ぶことで、より深く理解し、より直接的に韓国文化との交流を図りたいという動機が働いていると考えられます。

この結果は、韓国のエンターテイメントが単なる娯楽だけでなく、文化的な興味や学習のきっかけとしても機能していることがわかります。

韓国のエンターテイメント産業が、文化交流や異文化理解の促進に貢献していると言えるでしょう。

今後も、韓国語学習者の増加や韓国文化への理解が深まり、両国の友好関係が一層強化されることが期待されます。

K Village 「韓国アンケート調査」とは

K Village 韓国アンケート調査は、毎月2本ずつ韓国の様々なカテゴリやテーマを元に調査を実施していきます。韓国コスメ、韓国旅行、韓国ファッションなどエンタメに限らずK Villageならではの取組として行ってまいります。

K Village 各サービスでのアンケート・広告出稿

韓国好きの集まるアプリ、韓国情報サイト、全国19校舎あるK Village韓国語教室など、韓国に興味のある女性に絞った広告出稿をお考えの企業様に向けて幅広いメニューを取り扱っております。

詳細は下記までお問い合わせください。

K Village 韓国語教室一覧

■東日本

K Village 韓国語 新大久保本校https://kvillage.jp/school/shinokubo/
K Village 韓国語 新大久保駅前校https://kvillage.jp/school/shinokubo-ekimae/
K Village 韓国語 新宿西口校https://kvillage.jp/school/shinjuku-nishi/
K Village 韓国語 渋谷駅前校https://kvillage.jp/school/shibuya/
K Village 韓国語 上野校https://kvillage.jp/school/ueno/
K Village 韓国語 秋葉原校https://kvillage.jp/school/akihabara/
K Village 韓国語 立川校https://kvillage.jp/school/tachikawa/
K Village 韓国語 横浜駅前校https://kvillage.jp/school/yokohama_ekimae/
K Village 韓国語 横浜校https://kvillage.jp/school/yokohama/
K Village 韓国語 船橋校(千葉県)https://kvillage.jp/school/funabashi/
K Village 韓国語 大宮校(埼玉県)https://kvillage.jp/school/omiya/

■西日本

K Village 韓国語 名古屋校https://kvillage.jp/school/nagoya/
K Village 韓国語 岐阜校https://kvillage.jp/school/gifu/
K Village 韓国語 大阪校https://kvillage.jp/school/osaka/
K Village 韓国語 なんば校https://kvillage.jp/school/shinsaibashi/
K Village 韓国語 京都校https://kvillage.jp/school/kyoto/
K Village 韓国語 神戸三宮校https://kvillage.jp/school/kobe/
K Village 韓国語 福岡校https://kvillage.jp/school/fukuoka/
K Village 韓国語 博多駅前校https://kvillage.jp/school/hakata/

K Village

日本最大の韓国語教室経営、留学支援、ボイストレーニング・ダンススクールの運営、韓国情報メディア運営、韓国美容コミュニティ、エンタメ(ライヴ)企画制作、ピラティススクールを軸に「日韓最大のコミュニティを創る」を経営理念として活動。

会社名株式会社 K Village
事業内容・語学コミュニティの運営
・音楽コミュニティの運営
・美容コミュニティ(コスメEC)運営
・エンタメ(ライヴ)企画制作 ※グループ会社
・韓国留学手続き代行
・韓国情報メディアの運営
・ピラティススクールの運営
・韓国人人材の紹介斡旋
設立2010年5月12日(平成22年5月12日)
役員代表取締役社長 桑原 元就
取締役     山本 隆
取締役     橋本 裕
取締役     飯田 裕紀
取締役     磯本 幸生
取締役(社外) 黄 泰成
取締役(社外) 三橋 秀一
監査役     森 広輝
監査役(社外) 森田 裕子
監査役(社外) 田中 政道
URLhttps://kvillage.co.jp/

取材・協業に関するお問い合わせ先

取材・協業に関するお問い合わせ先はフォームからお願いいたします。

フォームお問い合わせフォーム
担当山本

TOP