プレスリリース

【K Village韓国語】在籍生徒数1万人突破!

【K Village韓国語】在籍生徒数1万人突破!

株式会社K Village Tokyo(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 元就)が運営するK Village韓国語教室が在籍生徒数1万人を突破したことをお知らせします。

K Village Tokyoは少女時代やBIGBANG、KARAなどK-POPアーティストが話題となった2010年に韓国語教室運営をスタートしました。

韓流ブームなどの影響もあり、2021年には生徒数が8,500人を突破し、『業界第一位(※1)』に認定されました。

最近ではK-POPやドラマの影響から10代や20代のお客様からお問合せを多くいただいております。

コロナ禍でもオンラインレッスンを導入したことで生徒数を減らすことなく、生徒数は純増。

校舎は全国16校舎となり、在籍生徒数は1万人を突破しました。

引き続き、経営理念に掲げる日韓最大のコミュニティを創るため、来校するお客様に満足いただける商品やサービスの提供に努めてまいります。

これまでの歩み

第一創業期
2010年
1レッスン500円の韓国語スクールとして創業
新大久保に1校舎目をオープン
~2016年
横浜、名古屋、大阪、心斎橋、上野に出店し、全6校舎に

第二創業期
2017年
代表交代
課金や予約などを管理するシステムを導入
2018年
福岡に出店
各校舎で増床を行い事業拡大
2019年
IBJグループ入り
2020年
自社開発システムをリリース
オンラインレッスンを開始
2021年
在籍生徒数No.1認定(※1)
レッスン予約ができるアプリMODULYをリリース
2022年
全国16校となり在籍生徒数1万人を達成

※1 日本マーケティングリサーチ機構、2021年1月期調査、韓国語専門の語学スクールを対象

校舎の変遷

2010年
2012年
横浜校
2013年
2015年
心斎橋校
2016年
2018年

福岡校(https://kvillage.jp/school/fukuoka/
横浜校、名古屋校、大阪校、心斎橋校が増床移転。
横浜校を横浜駅前校に名称変更(https://kvillage.jp/school/yokohama_ekimae/
心斎橋校をなんば校に名称変更(https://kvillage.jp/school/shinsaibashi/

2019年
2020年
2021年
2022年
TOP